事業内容

Business Contents

警備業の役割

人々の暮らしで重要視される"生活安全産業"へ

人々の生命・身体・財産を守る警備業の役割は、現代社会では、"生活安全産業"としての評価が定着している一方で、激動する国際情勢に伴い、空港や原子力発電所など重要施設警備には、専門的知識・能力を有する警備員が求められており、警備業務は質的にも高度化しています。
今後、市民の安全・安心への関心の高まりとともに、警備業の果たすべき役割は益々、重要になってきます。

施設警備

ビル、工場などの施設に警備員が常駐し、出入管理や巡回業務を行います。また、センサーを設置し、侵入者や火災などの異常を監視する「ローカルシステム」も施設警備の一つです。

交通警備

道路工事現場、駐車場などで交通渋滞や事故発生を未然に防止するために、警備員が車両や歩行者の安全な誘導を行います。
この交通誘導警備は、わが国特有の業務といわれています。

イベント・雑踏警備

祭礼、イベントなどで不特定多数の人が参集した場合、思わぬ事故が発生することがあります。
参集者の安全を守るため複数の警備員が警備部隊を編成し、雑踏の整理・誘導を行います。

保安警備

娯楽施設や大規模複合施設内を警備員が巡回し、スリ、万引き、置き引きなど盗難の発生や盗撮などの不法行為を警戒し防止します。
異常の有無の確認、不審者や不審物の発見、警察機関への連絡を行います。

列車見張

列車見張員とは、営業線近接工事保安関係標準示方書に定められている保安要員の一つです。
鉄道軌道内又は鉄道軌道隣接地を工事等する際に、鉄道車両の接近を見張り、工事関係者の安全を確保
ます。